海外どうでしょう

Read Article

脱サラしてアジアで飲食ビジネス!最速で出店・黒字化達成!【井上進之介】(5/5)

スポンサードリンク

「ハブ・シェムリアップ(Hub Siem Reap)」井上進之介氏アップ画像

今回のインタビューは、カンボジアの首都プノンペンで、本格的な日本スタイルの焼き鳥を圧倒的な安さで提供して大人気の焼き鳥店『123ストリート』を経営する井上進之介氏。大手外資系企業を脱サラしてカンボジアで起業、あっという間に人気繁盛店に育て上げ、黒字化を達成した井上氏。
なぜスタートダッシュがうまくいったのか、なぜカンボジアを選んで起業をしたのか?出店する前にどんな準備をしてきたのか?毎日どんなトラブルと向き合っているのか?そして今後の夢や展開は?
その人気店『123ストリート』を経営する井上進之介氏にたっぷりと語っていただきました!

井上進之介(いのうえしんのすけ)
カンボジア・プノンペンの焼鳥・鶏料理のお店『123ストリート』オーナー。
アジアに照準を定め、脱サラして起業。
飲食ビジネス未経験ながら、スタートダッシュに成功、あっという間に繁盛店に押し上げる。

今回の井上進之介さんとの対談インタビューラインナップ!
本記事は、全5本のインタビュー動画の5本目となります。


1本目 なぜカンボジア?なぜ『焼鳥』ビジネスで起業したのか?
2本目 成功の秘密?カンボジア出店前に戦略的にやってきたこととは?
3本目 想定外?カンボジアビジネスで起きるトラブルとは?
4本目 速すぎるカンボジアの成長スピードで起こる大きな問題とは?
5本目 なぜ大手外資企業を辞めてまでアジアに起業しようと思ったのか?そして今後の展開・ビジョンは?
特別動画 井上進之介さんからあなたへのメッセージ


生の声、現地のライブ感が伝わる【動画版】はコチラ!

↓        ↓        ↓  

なぜ「カンボジア」を選んだの?

中西賢一(以下、中西):あとはちょっと井上さん自身のこともちょっと聞いていきたいんですけど、井上さんは話から聞いてると、元々海外志向があったっていう感じですよね?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上進之介(以下、井上):全くなかったです。

中西:なかったんですか? なんか海外に行ってやりたいって話だったじゃないですか。

井上:海外に興味を持ちだしたのは30歳ぐらいからです。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:ただ、転職をしたいっていう、そういうところから広がってったということですか?

井上:いえ、全く違いますね。転職はもう28のときに済ませたんで。

中西:もう1回目の転職はしてて、はい。

井上:そこそこ大きな外資系だったので、そこでいいかなあと思ってましたけど。

中西:給料もいいし。(笑)
 
井上:ただ、外資系に入ったから見えたことが結構あって。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:はい。例えば?

井上:例えば、外資系は本社がドライなので、儲かったお金は、成長市場に集中投資っていう感じなので、うちの会社を見てると、世界的に大きな会社でしたけど、日本に金が落ちてこないなあって。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:それは日本で成長してないって判断されているからっていうことで、ほかの成長・・・例えば東南アジアの支店があるとこにはバンバンいってると。けど、こっちには来てないと。

井上:そうするとどうなるかと考えていくと、予算がないと、人も雇えない。人を雇えないということは、1人の仕事が2倍、3倍になっていく。どうなのかなあと思って。そのときにたまたま僕がいつも仕事をしてる喫茶店のマスターが、ものすごい世界に行ってらっしゃる方で、もう「外へ出ろ、外へ出ろ」って僕がこう一生懸命パソコンで内勤してるときにも「もう、お前、海外へ行ったのか?あそこ行け、どこへ行け」って言われて・・・
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:「旅をしろ」じゃなくて「海外で働け」と?

井上:「出ていけ」と。「うるさいおじさんだなあ」と思いながら、「おまえ、この本を読んでみろ」とか、「ほんとに胡散臭いなあ」と思いながらも気になって、自分なりに調べていったら、「あの人の言っていることもあながちウソじゃないな、ほんとだなあ」というのを感じて。ちょっと会社のこともあって、外へ目が向き始めた。その当時は、「東南アジアがすごい」「ミャンマーがこれから来る」っていう報道の全盛期だったので、最後のフロンティアという・・・
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:ええ。ミャンマーとか言われてましたよねえ。

井上:言われてました。「じゃあ、もう見にいってみよう」って言って、見にいったのがきっかけです。

中西:そのときは、まだパートナーの山田さんは出てきてないんですね。

井上:出てきて・・・あ、そのときはもう・・・

中西:同じ会社だったんですか?

井上:同じ会社の同期で、「こんな変な親父がいて、でも彼は面白いと思うんだよね」という話をしてたら、ちょうどパートナーも「俺も最近そう思ってるんだよね」って。(笑)「ほんとに」って。「じゃあ、ちょっと1回見にいってみるか」っていうので、正月休みを利用して、マレーシアに行ってみたんです。クアラルンプール。東南アジアで一番優秀国、一番進んでるっていう。シンガポールを除いてですけど。マレーシア、クアラルンプールを見に行ってみようって。そこで衝撃を受けた。「わあ、アジアすげえ!バブルだ」と思って。僕らもうバブルのうまみを味わってないんで。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:これがバブルというもんだって。

井上:これがバブルか。ちょっとこのうまみを感じたいなと思って。ほんとに活気があるんで。

中西:そういう喫茶店の親父さんから言われて、初めて海外を意識した、そんな感じで。

井上:ひょんな出会い。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:けど、そこでほんとに実行しちゃうっていうのが、すごいところですよねえ。

井上:まあ、そうですね。

中西:なかなかのスピード感ですよね。

井上:でも、結構時間がかかってます。

中西:でも、準備ですよね。それは、あきらめるということではなくてね。しっかりと準備を取ったという期間なんでね。

井上:なんか怖いですからね。人生をガラッと変えるとなると。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:さすがそこは30代ですものね。20代の勢いとは、またちょっと違うところが・・・

井上:ほんと20代だったら行けますけどね。転職といっても無理ですからね。やっぱ35を越えると。

中西:今、35とかってね。実際に海外に行く前と今って、やはり海外で仕事をやっているってことを境に、やっぱり変わっていると思うんですよね。今の自分と行く前って、どういうふうに自分に変化があったっというか、変わったなあって思いますか?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:変わったなあ・・・(笑)

中西:変わってないですか? 我慢強くなったなあとか、何かこう明るくなったなあとか・・・

井上:変わったなあというか、発見のほうが多いかもしれないですね。自分ってこんな人間だったんだなあっていう。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:自分のことをよくわかるようになったということですか? どういうことがわかったんですか?

井上:やっぱり、今までの自分の感性や常識では通用しないことがあるので。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:そのときに自分の今まで見えてなかったことが、見えたり・・・

井上:見えたりとか、「あ、自分って考え方が、頭が凝り固まってたなあ」って、「別にこういう考え方もあるよなあ」とか・・・「でも、ここは許さなくいちゃいけないのかなあ」・・・「俺が、考えがおかしいのかなあ」と、自分に向かうようになりましたね。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:柔軟にもなってるんですよね、やっぱりね。ってことが変化ですか。そうやって自分が今変わって、気付きを得たっていう、今のこの時点で、井上さんから見て、海外に出る人で、こういう人は向いているけど、こういう人は向いてないとかって、思い当たることってあります?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:特にないです。(笑)

中西:特にないですか?

井上:僕は、商売をする市場としては、日本じゃなくて、アジアで1つの市場にしちゃえばいいんじゃないかなあと思ってるんで。日本だけで働くんじゃなくて、日本でも働ける感じで、今見てるので。特にアジアに出るっていうのは、ハードルが高くないというか、敷居が高くない。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:そういうところで変にちょっと変なハードルを自分で作る必要はなくって・・・

井上:ほんとにそう思います。僕はアジアで市場を今見てるので。

中西:ただ、アジアを市場に見るっていう中でも、恐らく井上さんの中ではこういうスキルは必要だろうとか、いろいろあるとは思うんですけど、何かそういうのってありますか? こういう・・・スキルって英語とかそういうことだけじゃなくて、例えばコミュニケーションスキルだったりだとか、マーケティングスキルだったりだとか、何かこういうのはもっていたほうが、強みになるとかいうのはあったりします?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:そうですねえ。

中西:そういうことではなくて、一般的な社会人的などっか企業とかに就職した人が、日本の企業だったら教えてもらうスキルさえあれば通用するっていう感じですか?

井上:それは日本人がこっちに来て働く、現地人と一緒に働くという、現地人とうまくやる?

中西:同じように、井上さんと同じようにこっちに来て、こっちの会社に働くでもいいし、立ち上げるでも構わないんですけれども?

井上:何だろうなあ?

中西:あんまり新たに日本でスキルをプラスオンしてこなくても・・・

井上:全然いけますよ。持ってたほうがいいですけど、例えば自分の強い営業力とか、語学力、何か1つあると、何か自分で1つ自信のあるものがあれば問題ないと思います。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:じゃあ、何かをつけるというよりも自分の強みを分かっていればいいということですよね。

井上:わかってたら問題ないです。

中西:何か分からないよりは、俺は営業が強いんだとか分かってて来るほうがいいということですよね。分かりました。あとは、今までいろんな経緯を話をしていただいたんですけども、井上さん、今後のビジョンというか展開、そこをちょっと聞かせてもらっていいですか?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:僕らはボランティアじゃなく稼ぎに来てるので。ただ、自己資本で全部やってるので、今は小さな戦略をとってます。この小さな戦略からもう一段階大きな・・・案件はすごく考えているので、そのできる範囲で大きくしていくつもりです。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:その小さな戦略っていうのは、さっきおっしゃってくれたみたく、その飲食店ていうところからスタートして、その地域の人たちと、現地の人達とコミュニケーションを取って行くっていうところから、広げていくっていうそういう戦略からということでいいですよね。

井上:土着化がまず目標です。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:そこからある程度、そこが達成できたら次のステップに行くとそういう感じで考えてらっしゃるんですね。

井上:うまくいくかどうか。(笑)

中西:いえ、いえ。けど、それは飲食店で増やすっていうことでなくて、全く違う・・・

井上:選択肢としてはあります。多分今こういうのやったら、回収できるんじゃないのかなっていうのも見えてきましたし。

中西:ただ、さっきの物価のスピードだったりだとか、成長スピードからしてみると、今いいなと思ってたのが、1年後全然ダメになっているかも・・・

井上:全然ダメになっているかもそれは分からない。

中西:ありますからね。その辺はやっぱりタイミングだったりとかいうのもあるでしょうね。やっぱりね。けど、しばらくはカンボジアでということは・・・

井上:そうですね。

中西:カンボジアで展開をすると。

井上:はい、面白いです。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:面白い?

井上:はい。人も国も面白いです!

中西:充実してるという感じですよね。

井上:苦労の多いほうがちょっとの幸せが・・・(笑)

中西:ほんとに123ストリートさん、お店がすごい繁盛してて、ローカルがターゲットとしても日本人の方もしっかりとファンがついていらっしゃるみたいなので、このプノンペンの日本食市場を席巻するというか、話題をさらっているというか・・・

井上:嫌われてるんじゃないかなと思って、独自路線でやっているので。(笑)

中西:価格を。(笑)

井上:価格破壊しちゃってるので恨みを買ってるんじゃないかなと思います。(笑)

中西:けど、それがご自身たちの小さな戦略に必要な戦術であれば、しょうがないすよね。(笑)はい、わかりました。今日はカンボジアのプノンペンで焼き鳥、鶏料理を経営されている井上進之介さんにお話をお聞きしました。どうもありがとうございました。

井上:ありがとうございました。
井上進之介氏と中西賢一対談画像

井上進之介さんからあなたへのメッセージ動画

井上さんからあなたへのメッセージ!

「海外でなんでもいいから何かやってみたい!」「カンボジアでビジネスや起業をしてみたい!」というあなたに、井上さんから熱いメッセージをいただきました!
他では聞けない生のメッセージ動画です。

井上さんのこのメッセージをテキストでしっかりと読んで感じたいかたは下記へ!
井上さんからあなたへのメッセージ!書き起こし

「123ストリート」の紹介♪

井上さんから、「123ストリート」の紹介をしていただきました!

井上さんからあなたへ!
プノンペンに来たら『123ストリート』!
ウリはココ!

↓        ↓        ↓

これが『123ストリート』だ♪

いかにもな和風テイストがいっさいないおしゃれな看板のロゴ。
『123ストリート』画像

こちらが『123ストリート』さんの入り口です。
『123ストリート』画像
『123ストリート』画像

こちら焼き鳥のメニュー。
『123ストリート』画像
『123ストリート』画像

白を基調に清潔感ある内装にリノベーションした店内。
『123ストリート』画像

こちらのブログでも、『123ストリート』さんや焼鳥を食べた感想など書いています→脱サラしてアジアで起業!あっという間に人気焼き鳥店!『123street』

「123ストリート」の詳細
店名 123ストリート(123street)
住所 No.52D, Street123,Phnom Penh
電話番号 069-732123
営業時間 11:30-15:00/17:30-23:00
定休日
フェイスブック https://www.facebook.com/pages/123street/294349017404844?sk=timeline
地図
■ インタビュー・撮影・編集
【海外どうでしょう】管理人:中西 賢一
■ インタビュー日:2015.02.11
Return Top