海外どうでしょう

Read Article

脱サラしてアジアで飲食ビジネス!最速で出店・黒字化達成!【井上進之介】(1/5)

スポンサードリンク

「ハブ・シェムリアップ(Hub Siem Reap)」井上進之介氏アップ画像

今回のインタビューは、カンボジアの首都プノンペンで、本格的な日本スタイルの焼き鳥を圧倒的な安さで提供して大人気の焼き鳥店『123ストリート』を経営する井上進之介氏。大手外資系企業を脱サラしてカンボジアで起業、あっという間に人気繁盛店に育て上げ、黒字化を達成した井上氏。
なぜスタートダッシュがうまくいったのか、なぜカンボジアを選んで起業をしたのか?出店する前にどんな準備をしてきたのか?毎日どんなトラブルと向き合っているのか?そして今後の夢や展開は?
その人気店『123ストリート』を経営する井上進之介氏にたっぷりと語っていただきました!

井上進之介(いのうえしんのすけ)
カンボジア・プノンペンの焼鳥・鶏料理のお店『123ストリート』オーナー。
アジアに照準を定め、脱サラして起業。
飲食ビジネス未経験ながら、スタートダッシュに成功、あっという間に繁盛店に押し上げる。

今回の井上進之介さんとの対談インタビューラインナップ!
本記事は、全5本のインタビュー動画の1本目となります。


1本目 なぜカンボジア?なぜ『焼鳥』ビジネスで起業したのか?
2本目 成功の秘密?カンボジア出店前に戦略的にやってきたこととは?
3本目 想定外?カンボジアビジネスで起きるトラブルとは?
4本目 速すぎるカンボジアの成長スピードで起こる大きな問題とは?
5本目 なぜ大手外資企業を辞めてまでアジアに起業しようと思ったのか?そして今後の展開・ビジョンは?
特別動画 井上進之介さんからあなたへのメッセージ


生の声、現地のライブ感が伝わる【動画版】はコチラ!

↓        ↓        ↓  

なぜ「カンボジア」を選んだの?

中西賢一(以下、中西):はい、じゃあ今日はカンボジアのプノンペンで仕事をされている井上進之介さんにお話をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

井上進之介(以下、井上):よろしくお願いします。

中西:じゃあ、井上さんのほうから簡単に自己紹介をして頂きたいと思います。

井上:井上進之介と申します。カンボジアプノンペンに来て2月で9カ月目になります。で、今こっちでパートナーといっしょにレストランを経営しています。絶賛悪戦苦闘中(笑)よろしくお願いします。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:はい。こちらのプノンペンで飲食店をやられている井上さんなんですけれども、ちょっとその辺のお話を聞いていきたいんですけど、飲食店って何の飲食店をやられているんですか?

井上:基本、焼き鳥、日本で言う「焼き鳥屋」です。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:焼き鳥屋さん?

井上:はい。

中西:焼き鳥屋さんをパートナーと一緒にやられていると。パートナーは日本人の、これを見ていただいている方用にはリンクを貼っておきますけど、山田さんというパートナーさんと2人で、こっちでやられてるということですね。その辺の話を聞いていきたいんですけど、まず、カンボジアに進出するということなんですけども、そもそもなぜカンボジアに決めたんですか?
(井上氏のパートナー(123ストリートの共同経営者)である山田氏のインタビュー記事はこちら→山田聡史対談
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:うーん、日本にいるときには、カンボジアとは決めていませんで、世界どこでもよかったんですけれど、自分でいろいろ調べて勉強していくうちに、南米かアフリカかアジアかなあと。そのとき、ちょうどアメリカのオバマ大統領も「これから世界経済を引っ張っていくのは、アジアだ」と言ったんですけど、そのアジアの中に日本が含まれてなかったんですね。東南アジアを指していたので・・・
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:右肩上がりの成長が続くと・・・ 

井上:・・・だから、じゃあ、東南アジアに行ってみようかなと思って、なぜ東南アジアにしたのかというと、南米とかアフリカに行ってしまうと、かなり地の利が悪いというか、日本とつながりながら商売をしたかったので、そう考えると第一選択がアジアになったということで、アジア各国、各国といっても3、4カ国しか見てないですけれど、自分たちで行って、見て、感じて、難しさも見てきて、辿り着いたのがカンボジアだったと。商売がしやすい、外資が入りやすいというところが一番です。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:なるほど。まずは、カンボジアありきじゃなくって、いろいろと海外、「どこの海外の国がいいかな」と調べていったうちに絞って、最終的に残ったのがカンボジアだったと?

井上:はい。

中西:東南アジアは何カ国か周られたということなのですけれども、カンボジア以外ではどの辺の国が候補に挙がってたんですか?

井上:マレーシア、ミャンマー、バングラディシュ。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:その辺の国が今回候補から落ちていって、カンボジアが残ったわけですけど、カンボジアとその他の国との違いというのは、やっぱり投資額というか、最初の資金の大きさという感じですか?

井上:のも1つありますし、ほかの国、例えばマレーシアとかミャンマーでやろうとすると、必ず現地パートナーが必要になってくると。

中西:日本人だけじゃあ、できないって?

井上:会社を設立できない。なので、そこで現地人が株式を51%持っている。日本人、外人は持てないと。で、現地人がその気になれば、いつでも会社を乗っ取れる。実際、乗っ取られたというお話も聞いていましたし、そういうリスクもありますし。あと、カンボジアはドルが流通してるので。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:ドルね。そうですね。

井上:そして、ドルを海外に、例えば、日本に送金するのも自由ですし、商売するには、ドルがいいかなあと思って、これからカンボジア以外で仕事をするってなっても、ドルでお金を動かせれば楽だなというのがありますね。

中西:そう考えると、一番スタートしやすいのがカンボジアだったということですね。カンボジアでも、今ここのプノンペンと、アンコールワットがあるシェムリアップ、この2つっていうのは別に迷わなかったんですか?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:いや、最初は迷いました。2つ視察・・・1カ月視察に来るときに、半々で見て回ろうと思ってました。ただ、こっち、実はプノンペンに入ったときに、直感的にですけど「あ、ここでなら商売できるな」って思いました。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:それは、向こうは観光客が多い。こっちは観光客もいるけれども、在住がメインみたいな、日本人がいろんな・・・政府関係の人だったりとか、大使館の方だったり結構人数が多いですけど、そういうマーケットの広さみたいなものが結構決め手になって来たっていう感じですか?

井上:そうです。マーケットの広さもそうですけれど、この街の勢いというか、人の活気というか、これは今後伸びていくなっていうのを可能性をすごく感じたので、ここにしようと。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:確かにそういう雰囲気は、プンプンしますよねえ。

井上:すごいんで。

中西:体感しますよね。

井上:はい。

中西:それで、そのときはパートナーの山田さんと一緒に回られていたということなんですか?

井上:カンボジアはそうですね。

中西:その辺の意見というのは一致していたのですか?

井上:はい。一緒に街を歩いていて、もういろんなことに気づきだして、「あ、あんなのがないね」「あんなのがあるね」「こんなことができるんじゃないか」っていうのが、もう次から次に思い浮かんできたので。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:じゃあ、ここでやろうと?

井上:はい。

「焼鳥屋をやろう!」っていつ決めたの?

中西:じゃあ、カンボジアで、プノンペンでやろうといったときに、もう既に焼き鳥屋でやろうというところはもう決めてたんですか?
井上進之介氏と中西賢一対談画像
井上:いや、決めてないです。

中西:そこはまだ?

井上:はい。

中西:ただ、飲食店というのも決めて・・・

井上:決めてないです。コンテンツとしてやれる・・・コンテンツとして焼き鳥屋というのは持ってましたけれど・・・

中西:まだ他にも候補があったみたいな?

井上:そうですね。まあ、決めつけすぎると怖いんで、僕らは、特に個人でやっている、資本があるわけではないので、実際見てリサーチしてマーケティングして決めようと。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:実際このプノンペンでいろいろ飲食店だとか、いろんなものをマーケティングしていって、じゃあ、飲食店がよさそうだ、焼き鳥屋がよさそうだっていうようなリサーチで行きついたということなんですか?

井上:でも、そもそも第一候補は飲食店をやりたかったんです。飲食店は人が集まるので、情報も集まりますし、逆にここで飲食店をやってるっていう信頼も、人に売れるので、信用も売れるという。なので、まず、飲食店でやれればなあとは思ってましたけれど、鳥というのは、アジア各国を回って、宗教的な問題で牛、豚を食えない方たちも多く見てきたので、カンボジアはあまり関係ないんですけど、鳥はどこの国に行ってもおいしかったですし、宗教上も関係ないけど、どこでもやれる食材だと思ったので、鳥に絞りました。
井上進之介氏と中西賢一対談画像
中西:じゃあ、それで、焼き鳥屋をやろうと。それは鶏肉というのが宗教上の影響も少ないし、どこの国でも受け入れられているというお肉だし、人気があるし、原価も安いというのがありますしね。

井上:はい。
つづきます ⇒ (2本目 成功の秘密?カンボジア出店前に戦略的にやってきたこととは

■ インタビュー・撮影・編集
【海外どうでしょう】管理人:中西 賢一
■ インタビュー日:2015.02.11
Return Top